今月ピンチのときお金を借りるにはどうすればいい?

すぐにお金借りる方法

「今すぐにお金が必要なのにお金が無い!」ということがたまにはありますよね。

・転職活動中で現在、無職。
・コンタクトレンズを買い換えたいけどお金がない。
・クレジットカードの支払いがあるけど足りない。
・免許ローンの頭金が○日までに必要。
・結婚式やお葬式が急に入った。
・給料日前なのに飲み会が続いた。
…など色々な理由があると思います。

そんな緊急にお金が必要になった時に今すぐ現金を作る方法がいくつかあります。

【1】ヤフオクでアクセサリー、ゲームなど何でも売る。
【2】給料の前借りをお願いする。
【3】短期バイト、キャバクラ、ガールズバーで働く(日払いか確認)。
【4】スマホや携帯でお小遣いサイトで稼ぐ。
【5】定期預金を途中解約する。
【6】クレジットカードのキャッシング枠で借りる。

…などの方法がありますが、【1】は売れる物がなければ出来ませんし、【3】は「水商売はどうしても無理!」という方も少なくないと思います。

【4】は頑張れば数万円ほどなら可能ですが、時間と手間がかかります。

一番早くて確実なのは【6】ということになりますが、それでもキャッシング枠が必要な金額に足りないという方は、大手の消費者金融や銀行系カードローンでお金を借りるのがオススメです。

 

カードローンであれば即日にお金を借りることも可能!

お金を借りる方法

最近では大手の消費者金融や銀行などのカードローンが数多く世に出ています。

ネットから「web申込→審査→当日にローンカード発行→最短30分程度で即日キャッシング可能」といった流れで、ちゃんと条件を満たしていればすぐ当日にお金を借りることも十分に可能なんです。

「とにかく仕事が忙しくて時間がない!」と嘆く方にはピッタリな最終手段だと思います。

基本的にはブラックリストなどでなければ、主婦、大学生、派遣でも「パート・アルバイトをしていて毎月安定した収入」があれば申込をして借入は可能です。

専業主婦で収入がなくても、銀行系カードローンであれば配偶者に収入があれば融資を受けることもできます。

返済方法は各カードローン会社によって変わりますが、ATMのカード返済か口座引き落としになります。

万が一、残高不足で引き落としが出来ない場合は、翌日以降に再度、引き落としをしてくれる金融会社もあります。

ですが、カードローンでお金を借りるのを家族に内緒にしたい方は「通帳の利用履歴から借金がバレる」という場合もあるので支払方法にも注意が必要です。

また、初回の借入限度額は収入によって変わりますが、「お金を借りる金額が大きければ金利は安くなる」という金融機関が多いので、利用する際は利息・年利と毎月の返済額などをしっかりチェックして下さい。
 

まずは借入1秒診断!

↓ ↓ ↓ ↓

777